最高の感動に向けて万全の取り組みを

実行委員長 新城 博

 沖縄「全研」までいよいよ五十日弱と迫りました。年越しを考えると実質あと一ヵ月に迫ったといえます。私たちはこの沖縄「全研」を沖縄同友会創立二十周年事業として位置づけ、元気な中小企業と地域づくりに焦点をあて、めんそーれ沖縄「島人の宝」~心清さ 心愛さ 島美さ~をキャッチフレーズに全国の同友会にアピールしてきました。そして全国の皆さんが沖縄開催に対して高い関心を持っていることを、肌で感じています。
 すでに十二月一日よりネットでの申し込みが始まり、各地より順調に参加登録が進んでいます。最終的には千二百名を越す申し込みがあるものと予想しています。
 十年ぶりの全国行事の設営は私たちにとって大仕事であり、全国からの参加者に感動を与えるためには、その準備に万全を尽くさなければなりません。今もっとも重要な課題は、遅れている県内での参加登録の推進と役割分担の徹底です。それぞれの会社で事情はあるとは思いますが、この一ヵ月と少し、同友会のために時間を割いていただきたく心よりお願いいたします。
 実行委員会としても、そのためのグループ長研修や担当者の打ち合わせを本番までに行ないますのでご参加下さい。
沖縄同友会にしか出来ない最高の感動を、全国の同友と共有できるかどうかがあと一ヵ月間の取り組みにかかっています。悔いを残さないためにも会員の皆様のご協力を重ねてお願いいたします。

 
次へ >