実行委員会ブログ

IT産業活性化に向けて

eおきなわ部長 宮里 敏夫

 沖縄県においては、観光産業と並びIT産業が県の基幹産業の一翼として位置づけられ、数々の施策が展開されています。沖縄同友会情報部会「e-おきなわ」では、IT産業活性化に向けて、行政への提言活動、意見交換会、IT人材育成等への取り組みなど、行政との歩調を合わせつつ実効性のある活動を展開して参りました。引き続き大型施策が展開される中で、その受け手となる県内IT企業の成長が求められている事と思います。
 「全研」を通して全国の諸先輩の方々と交流し、「学び」を深め、更なる飛躍のきっかけとなる「全研」にできるよう頑張って参ります。
 全国の情報関連企業の皆様、「沖縄が、今一番おもしろいですよ。」多くの皆様のご参加を歓迎いたします。共に、成長しましょう。

 
十年前の感動を振り返って

エコまーる部長 村吉 政勇

 十年前の沖縄での全国総会の取り組みが記憶によみがえってきました。当時、浦西支部の支部長として、実行委員のメンバーでした。たしかに大変でしたが、沖縄が一つになって全国からの同友を迎えた、あの達成感と感動は忘れもしません。
 あれから十年、沖縄同友会も二十周年を迎えます。会社においても節目は非常に重要であり、それをステップとした取り組みを計画し、会社の発展に繋げます。沖縄同友会でも、来年の二月の「全研」に向けて全会員が一つになって取り組みを進めることで、更なる発展に繋がるものと確信しています。
 十年前と比べ、沖縄同友会の成長など、周囲の環境も大きく変化しているなかで、この沖縄「全研」を成功させれば、その達成感と感動は、また格別なものがあるでしょう。二月には皆さん一緒に体験できることを楽しみにしています。

 
一番元気な女性部会の力で「全研」を盛り上げます

碧の会部長 澤岻カズ子

 沖縄同友会の女性部会「碧の会」は現在約百名の会員がおり、全国で一番元気な女性部会ではないかと思っております。糸数久美子代表理事を先頭に女性の魅力で、感動ある沖縄「全研」を創り上げようと独自の企画をいろいろと検討中です。当日は皆様のご協力を得ながら、全国からの参加者を楽しませ、思い出深い大会にしたいと考えています。
 沖縄の「全研」は参加して良かったと言っていただけるように、沖縄同友会の全会員の力を結集して、残りの三ヵ月準備をしてまいりましょう。

 
宮古島でも準備進行中!

 

宮古支部長 伊山國昭

十年に一度の大きな大会。宮古支部は、現在五十名の会員で、二十五名の参加を目標に会員への呼びかけを行なっています。
参加の全員が役割を担うようにしています。すでに分科会の三名とグループ長の五名は決まり、あと空港と会場での迎えをお願いしながら参加登録をすすめています。
二十八日の「一〇〇日前大会」には参加できませんが、十二月二十日の「五十日前大会」には、分科会の担当とグループ長八名は全員参加できるようにしています。
全国から参加された同友の皆さんを宮古で歓迎しようと、オプションで宮古に来島される方には、宮古ならではの歓迎を行なうことで、今から準備をすすめています。

 
みなで熱く歓迎の準備を!

那覇支部
支部長 上江洲仁吉

今年は世界のウチナーンチュ大会も盛況裡に終わりウチナーンチュの暖かな歓迎の気持ちをお伝えできた年であり、大綱引きでは全国にパワーをアピールできたものと思っています。
全研まで残りわずかとなってきました。
沖縄が今ブームということもありますし、組織率でも全国一の沖縄に全国のみなさんが期待するところは大きいと思います。暖かいおもてなしの心で全国の仲間をお迎えしたいと思います。そのためには大所帯の那覇支部が動かなければ成功はありえません。みなで熱く歓迎の準備をしましょう。

 
<< 最初 < 戻る 1 2 次へ > 最後 >>

結果 11 - 15 of 15